医薬品のように血圧を下げるサプリはありませんが…

まず、確認しておきたいのは、血圧を、まるで薬のように直接コントロールして下げるサプリは、通常の「サプリメント」の枠内では存在しないということです。
そもそも、サプリの作用はおだやかで、降圧剤の代わりには決してなれません。
「今すぐ血圧を下げたい」という切迫した話しならば、サプリではなく医薬品を求めるべきです。
というわけで、サプリに過剰な期待はかけられないのが現状ですが、血圧をおだやかに下げる傾向にもっていくことはロジック的にはありえます。
たとえば、血流や血管の状態によいとされる成分ならば、それなりの改善効果が見込めるのです。

青魚のサラサラ成分、DHAやEPA

この手のサプリで、評判が高いのは、DHAとEPAです。
ともに青魚の血液サラサラ成分として有名です。
血流を改善させることで、血圧を下げることにもつながります。

 

血液サラサラといえば、納豆の特有成分のナットウキナーゼも有名です。
相乗効果を狙ってか、DHA、EPA、ナットウキナーゼをもれなく配合した名サプリが某メーカーから販売されていることは、この分野に明るい人には周知のことでしょう。

食物繊維やミネラルにも…

以前から知られている成分にも、有用なものはゴマンとあります。
カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類、食物繊維にも血圧を下げる働きがあります。もちろん、こういう成分はサプリでなく普通の食品として摂ることもできますから、食生活の改善も視野に入れましょう。
また、こうした成分を含むサプリは、メタボ対策やダイエットを目的に使用するケースが多いと思いますが、それが知らずに血の巡りを良くすることにもつながることもあるかもしれません。

 

さらには、皮膚と粘膜の健康維持に欠かせないビタミンB群がオススメです。
肌荒れや生活習慣病の予防も、同時にできるメリットもあります。

血圧を下げる効果のある特定保健用食品

サプリメントの中でも「選ばれた」製品になると、特定保健用食品と呼ばれるものがあります。
通称「トクホ」とも呼ばれていますが、これらの食品は、たとえば「からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいて、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つなどの特定の保健の効果が科学的に証明されている」といったことを、国に科学的根拠を示して、有効性や安全性の審査を受けているのです。
そして、その中には、血圧に対する効果を認められた特定保健用食品があります。
お茶であったりヨーグルトドリンクであったりしますが、それらを習慣に取り入れることもよいでしょう。

血圧を下げるお茶ならゴマペプ茶

お茶の成分に血圧上昇を防ぐ作用があるとも言われますが、毎日飲むお茶で血圧を下げたいならば、やはりトクホ(特定保健用飲料)を選ぶべきでしょう。
一般の健康茶と違って「当該保健目的が期待できる旨の表示」が消費者庁から許可されたお茶なので、血圧に対して根拠のあるアプローチをしてくれます。
その中でも血圧によいトクホとしておすすめできるお茶は、ゴマペプ茶です。

人間ドック協会が推薦するお茶で、品質などについて信頼のおけるサントリーの製品です。
通販のみですが、重たいお茶を1ヶ月分まとめて部屋まで届けてくれるので、毎日の習慣にしたい人にとってはとても便利です。
詳しくはこちらからゴマペプ茶
※当サイトとは別なサイトが別ウインドウで開きます。

関連ページ

血圧を下げるツボ
血圧を下げるツボはどこにあるの?
血圧が高い人の対処法
血圧が高い人の対処法としては食事や運動、そして生活習慣の改善があげられます。
血圧を下げる食事
血圧を下げる食事として、減塩しょうゆ、減塩味噌など、減塩ブームはすでに定着した感があります。