高血圧対策その1=血の流れによいことを中心に

高血圧は、生活習慣病のひとつにあげられます。原因をひとつに特定するのは不可能ですが、生活習慣の悪化や加齢などの要因が重なって、血圧上昇につながりやすくなる仕組みは明らかにされています。対策としては、生活全般にわたって、血の流れによいことを中心におくのが基本になります。

 

高血圧対策その2=生活習慣の改善

 

高血圧の改善は結局、生活習慣の改善が一番の対策方法です。日常生活で実践できるものばかりなので、費用がほぼゼロ円でできるのも、メリットにあげられます。
高血圧対策の中でも、食事は重要ポイントになります。とりわけ、塩分を控えるようにとは、よく言われる注意点です。
塩分のナトリウムは脳に作用し、交感神経を刺激して血圧を上げます。塩分は1日に6g未満が理想的とされています。現代人にとって、薄味に慣れるまでは少々つらいでしょうが、減塩生活は血圧を正常日保つために、ぜひ取り入れたい新生活習慣です。
高血圧対策は、減量も必要がある人には大切です。肥満していると、体脂肪は血管を圧迫して、血液量を増やす原因になります。その結果、心臓・血管に負担が増していき、従来より高い圧力で血液を送らざるを得なくなってしまうのです。
運動不足は、心臓・肺・血管など、全身の老化を進め、高血圧の原因につながります。体調と相談する必要がありますが、1日30程度の軽い運動でも、続けるとよい対策方法になるでしょう。

 

自分にあった治療が必要に

 

高血圧は、自分にあった治療が必要になることが多い病気です。生活習慣での対策だけで、効果が上がらなかった場合、医師の指示で薬物療法がとられるケースがあります。
高血圧対策で使われる薬剤としては、ARB、ACE阻害薬、カルシウム拮抗薬などの「第一選択薬」が代表的です。現在では、副作用が少ない薬剤が次々と開発され、処方されるまでになっています。
ストレスは、自覚・無自覚に関係なく、高血圧の原因になります。ストレスを解消させることも、場合によっては生活習慣の改善と並ぶくらい、重要な対策方法となるのです。
喫煙は、少量ならストレス解消に効果的でしょうが、吸いすぎは血管を収縮させ、血液量も増えて、心臓・血管に負担をかけます。お酒は、交感神経を活性化させ、血圧を上げます。愛煙家・愛飲家にとっては耳の痛い事実ですが、お酒とタバコは、できるだけ避けることが、高血圧の改善に望ましい対策になります。

 

対策は今この場から実践

 

重症化するまで、とくに症状が現れることはないのですが、高血圧は、サイレントキラー(沈黙の殺し屋)の別名もあるくらい、本当は恐ろしい病気です。動脈硬化が進行して突然、心筋梗塞や脳卒中で倒れないとも限りません。対策は今この場から実践するのが賢明で、生活習慣の改善を中心に、精神面での健康も含めてトータルにみて対応することが、なにより大切なのです。

血圧を下げるお茶ならゴマペプ茶

お茶の成分に血圧上昇を防ぐ作用があるとも言われますが、毎日飲むお茶で血圧を下げたいならば、やはりトクホ(特定保健用飲料)を選ぶべきでしょう。
一般の健康茶と違って「当該保健目的が期待できる旨の表示」が消費者庁から許可されたお茶なので、血圧に対して根拠のあるアプローチをしてくれます。
その中でも血圧によいトクホとしておすすめできるお茶は、ゴマペプ茶です。

人間ドック協会が推薦するお茶で、品質などについて信頼のおけるサントリーの製品です。
通販のみですが、重たいお茶を1ヶ月分まとめて部屋まで届けてくれるので、毎日の習慣にしたい人にとってはとても便利です。
詳しくはこちらからゴマペプ茶
※当サイトとは別なサイトが別ウインドウで開きます。

高血圧対策=血圧を下げる方法記事一覧

まず、「血圧を下げる」ということだけに特化した「ツボ」は存在しません。ただ関連するツボはあります。たとえば、高血圧に伴う不快な症状は改善されていくので、下げる効果は棚に上げても、実行する価値はあるかもしれません。まず、血圧を下げることに関連する代表的なものとしては、「風地(ふうち)」が挙げられます。位置は、後頭部の髪の生え際の凹んだ部分です。頭痛、肩こり、目の疲れを抑えるのに効果的だとされています...

血圧が高い人でも、初期の段階では自覚症状が殆どないためか放置されがちです。ですが、重症化すれば命にかかわるケースもあります。早めの対処が、身を救うことになります。まず、重要なポイントに、食生活が挙げられます。特に塩分の取りすぎは、高い血圧の原因になるので絶対にNGです。具体的には、塩分の摂取量は1日に6g未満に抑えること、これが食事療法の大きな柱です。塩分濃度が高い食品は避ける、料理は薄味になど、...

まず、確認しておきたいのは、血圧を、まるで薬のように直接コントロールして下げるサプリは、通常の「サプリメント」の枠内では存在しないということです。そもそも、サプリの作用はおだやかで、降圧剤の代わりには決してなれません。「今すぐ血圧を下げたい」という切迫した話しならば、サプリではなく医薬品を求めるべきです。というわけで、サプリに過剰な期待はかけられないのが現状ですが、血圧をおだやかに下げる傾向にもっ...

血圧を下げる食事のキーワードに、減塩をあげる人は多いものです。コレステロールを抑え、食事バランスを整えるなども大切ですが、日本人はとくに塩分6g生活の定着で、効果がテキメンに出やすいとされています。食事療法のキモとして、減塩しょうゆ、減塩味噌など、世をあげての減塩ブームはすでに定着した感があります。日本人こそ減塩が効果的塩分の過剰摂取が、高血圧の主な原因であることは、多くが認めるところです。血圧を...