血圧下げる飲み物

こまめな水分補給がポイント

 

スムーズな血流や高血圧対策を考えた時、「体内の水不足」は根本的な原因につながります。あたりまえですが、水分補給をするのは重要なポイント。血圧下げる飲み物には、ただの水から実質サプリまで、バリエーション豊富にありますが、まずは適切な水分補給をわすれないようにしたいものです。どんな効果的なサプリや薬を飲んでも、これが基本。ただ、動物は「水なしでは生きていけない」ので、運動や他の生活習慣とくらべて「やりやすい」ですね。

 

水分不足は高血圧の原因

 

水分不足は、高血圧の原因になります。高血圧対策は、こまめな水分補給がカギを握ります。その意味では、「普通の水」ですら、血圧下げる飲み物の筆頭にあげたいくらいで、ミネラルウォーターや低カロリーのスポーツドリンクもおすすめです。
1日の中で早朝から午前中は、血圧が高い傾向があり、動脈硬化や心筋梗塞を起こしやすい「魔の時間帯」といわれます。魔の時間帯を乗り切るには、寝ていた間に失われた水分を補うのがベストな対策です。血圧下げる飲み物は、ただの水でも即戦力になってくれます。

 

シニアは水不足を感じにくい

 

シニアはとくに、のどの渇きを自覚しにくいので、血圧下げる飲み物を意識して摂取する必要があります。寝る前と起床後すぐに、コップ1〜2杯の水を飲むだけでも、効果に違いがあります。
若い人でも、のどが渇いたと感じたときには、血液はすでにドロドロ基調にあり、血圧が上がりやすい状態にあります。家の中にいても、どんどん水分が体から失われていくので、血圧下げる飲み物で、水分不足を解消することが大切です。

 

身の回りにも血圧を下げる飲み物が

 

血液の粘性を下げ、血管を丈夫にする成分配合の飲料も、血圧下げる飲み物の資格が十分あります。昔から、お酢を飲む健康法がありますが、黒酢はとくに、高血圧に効くと評判になっています。
黒酢は発酵・熟成で、ミネラル・アミノ酸が豊富になっています。とりわけ、必須アミノ酸は、血圧下げる飲み物の有効成分になり得ます。ただし、酢原液を飲むと胃粘膜を傷つけるので、黒酢大さじ1杯に対し水で5倍くらいに薄めて飲むのがベストです。それも食中か食後に飲むと、胃への負担を減らせます。


ある種のペプチドが入った飲料も、血圧下げる飲み物として評判です。ゴマペプチドはとくに、高血圧に効くとされ、ゴマペプチド入り健康茶は味もよく、サプリメント感覚で摂取できるのがメリットです。


最近では、血圧下げる飲み物に、トマトジュースもランクインしています。トマトのカリウムに、血圧を下げる働きがあることが明らかになったのです。ただし、塩分控えめがポイントです。

 

身近にある血圧を下げる飲み物…牛乳

 

血圧を下げる食事療法というと、塩分を控えるなど、食べる方に重点が置かれがちですが、飲み物も重要なポイントになります。
お酒は控えるのがオススメですが、反対に毎日飲みたいものはいろいろとあります。
血圧を下げる飲み物として、ブログなどでよく取り上げられるのは、牛乳です。


良質のたんぱく質が豊富なことで有名ですが、カリウムやカルシウムが豊富な飲み物でもあります。
カリウムには余分な塩分を排出する働きがあり、カルシウムはカリウムの働きをサポートします。

 

ただ、牛乳は飲みすぎるとカロリーオーバーになるので、大人なら1日に200ml、大ざっぱにコップ1杯強までが目安となります。
体質的に、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという人は、ホットミルクにして飲むのがオススメで、それでもしっかり効果が得られるでしょう。

 

身近にある血圧を下げる飲み物…コーヒーやお茶

 

コーヒーは身近にある飲み物の代表的存在ですが、少し古い知識では、コーヒーを飲むと、カフェインの影響で血圧が上がるとされています。
ただし、最近の研究では少々違った知見が得られています。

 

確かにコーヒーを飲んだ直後こそ、血圧は少し上がる傾向があります。
しかし、少し時間がたつと逆に下がるというものです。

 

下げるために働いているのは、クロロゲン酸などのポリフェノールで、これには動脈硬化のリスクを下げる働きがあるとも言われています。
さらに悪玉コレステロールが酸化するのを防止するなど、生活習慣病の予防に良い飲み物として、コーヒーに対する評価は以前よりもアップしているといえるでしょう。

また、コーヒーに並ぶ飲み物としては、お茶も外せません。
お茶のカテキンには、血圧の上昇を防ぐ働きがあり、動脈硬化の予防にも良いとあります。

 

頼りすぎず、必要ならば受診を

 

危険水域にある高血圧は、治療が必要になるので、血圧下げる飲み物だからといって100%のお任せは無理があります。それでも、健康にいい飲み物を日常生活に取り入れるのは、予防のために望ましい生活習慣です。数値がまだ大丈夫な人でも、血圧下げる飲み物を毎日のように飲み続けることで、高血圧を未然におさえることになります。

 

血圧を下げる飲み物…特定保健用食品

 

特定保健用食品…通称「トクホ」とも呼ばれるものがあります。
これは「からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つ、などの特定の保健の用途に資する旨を表示するもの(消費者庁HPより」を指します。
血圧を下げることについても、その効果が期待できる飲み物がトクホとしてリリースされています。

 

ゴマペプ茶(サントリー)
アミールS(カルピス)
トマト酢生活(ライオン)

 

いずれも毎日いただく「飲み物」として味も工夫されているので、こういった製品を利用するのも手です。

 

血圧を下げるお茶ならゴマペプ茶

 

お茶の成分に血圧上昇を防ぐ作用があるとも言われますが、毎日飲むお茶で血圧を下げたいならば、やはりトクホ(特定保健用飲料)を選ぶべきでしょう。
一般の健康茶と違って「当該保健目的が期待できる旨の表示」が消費者庁から許可されたお茶なので、血圧に対して根拠のあるアプローチをしてくれます。
その中でも血圧によいトクホとしておすすめできるお茶は、ゴマペプ茶です。

人間ドック協会が推薦するお茶で、品質などについて信頼のおけるサントリーの製品です。
通販のみですが、重たいお茶を1ヶ月分まとめて部屋まで届けてくれるので、毎日の習慣にしたい人にとってはとても便利です。
詳しくはこちらからゴマペプ茶
※当サイトとは別なサイトが別ウインドウで開きます。